appcフラセラム 効果

ドクターズコスメとは!?

 

ドクターズコスメでも、効果は化粧品と医薬部外品では、大きく違う点

 

医薬部外品は私たちが使用する医薬品より効果は落ちるけど、副作用等も弱いのでドラッグストアで購入する事ができます。

 

歯磨き商品でも医薬部外品に指定されているものもあります。

 

化粧品の場合、医薬部外品医の方が効果・効能があるのは間違いないんですが、それを承認してもらうためには莫大なお金が必要ですので、大手メーカー以外の化粧品メーカーが医薬部外品の化粧品(薬用化粧品)を販売しているのは稀です。

 

院内で処方するドクターズコスメの場合は、通常なら薬を配合させる事ができますが、一般の方に販売する時は限られた成分で化粧品を作り出して行かなければなりません。

 

医薬部外品が例の問題を起こしたものです。

 

化粧品の効果を、特にドクターズコスメの場合、医薬品の知識がある為に余りにも意識し過ぎますと、カネボウが引き起こした白班事件の様な結果になってしまいます。

 

あの成分は通常は医薬品として、私たち医療機関で処方するべきものだったようです。

 

化粧品製作で医者が関わったのがドクターズコスメ

 

わかりやすく言うと、製作に医者が関わったもの、または院内で使用していたものを商品化した場合に、ドクターズコスメと呼んでいるようです。

 

院内で使用する時は明らかに薬を使用していたけど、商品化・製品化するにあたっては医薬品・医薬部外品に相当するものは配合していないはずです。

 

ドクターズコスメと言っても、クリニックで処方されるクリニック独自の成分が入っているわけではありません。

 

でないと薬事法違反になってしまいますので。

 

効果的な賢明なドクターズコスメの選び方

 

名称を付ける上で法的な決まりがないドクターズコスメですから、実際にドクターが製作に加わったのか、しかもその商品を実在するクリニックで使用しているかを目安にしたらどうでしょうか?

 

日本の体系ですと、文学博士が製作に加わってもドクターズコスメってつけられますし、極端な場合は、全くドクター(医者以外でも)が関わらなくても名前はつけられますので。

 

当院の医者が積極的に製作に協力したのはこれです。

 

ドクターズコスメ_フラーレン配合_ジープラス化粧品

 

そもそも当院でレーザー治療後の赤みを早期に改善する為に製作して院内で使用していました。

 

なお、特別サービスとして患者さんに提供して大好評だったものです。

 

機能性化粧品とも違います

 

実際、注目されているドクターズコスメの効果的成分としてはフラーレン、APPS、FGF、EGFなどがありますが、余りにも薬的なものを含む時は注意が必要です。

 

でないとカネボウ事件の二の舞になってしまいますので、ご注意ください。

 

コスメはそもそも効果・効能は言ってはいけません

 

色々な表現を使用して薬事法に触れないように広告PRをしていますが、非科学的・非医学的なものも含まれています。

 

主要成分を充分明記してあり、その理論的裏付けがハッキリしている成分を含んでいるものを使用するべきです。

 

仮に、肌に合わなかったなどのトラブルに対して提携医療組織があるところは安心できるのではないでしょうか?

 

実際に効果を求めるなら医薬品を

 

出来てしまったシミやくっきり出来たシワに対し、化粧品に効果を求めるのは無理です。

 

そんな時は、美容皮膚科に相談される方が賢明だと思います。

 

ドクターズコスメの事を良く知って、認識してから使用すれば失敗はしません。

 

appcフラセラム 効果

 

appcフラセラム 効果

 

appcフラセラム 効果も参考にしてください。